妊娠線の予防に役立てましょう|肉割れ防止術

微笑む女性

7割以上の人が経験あり

妊婦

お腹だけじゃない

お腹の中で赤ちゃんが大きく成長するのに合わせて、お母さんのおなかの皮膚も伸びていきます。しかし、表皮はそれに合わせて大きく伸びて行くのにその下にある真皮や皮下組織が伸びにくいため、お腹に亀裂が生じて赤紫色の線が出来てしまいます。これが妊娠線で、いわゆる肉割れのことになります。妊婦さんの7〜8割の人に妊娠線ができると言われています。さらに妊娠して急激に太ってしまった人の場合、お腹だけではなく二の腕などにも出来てしまうと言われています。一度出来てしまった妊娠線は出産後も残ってしまい、目立たないように薄くすることは可能ですが、一度出来てしまったものは消えることはありません。そのため、妊娠中から妊娠線ができないようなケアが必要となります。

どのタイプが良いのか

妊娠線は皮下脂肪が厚い人や小柄でお腹が前に出やすい人にできやすいと言われていますが、妊婦さんの7〜8割の人に出来てしまうもののため、自分は大丈夫と考えないで、ケアをしっかりと行っておくようにしましょう。ケアの方法としては、保湿をしっかりと行います。近頃では妊娠線を予防するためのクリームやオイル、ローションも各メーカーから販売されていますので、それを利用するのが手軽です。どのタイプが一番いいというわけではなく、自分に合ったものを使用するのが良いでしょう。また、それと同時に出産時のリスクも軽減するために、体重管理を行うことで妊娠線もできにくくなります。急激に体重が増えてしまうと妊娠線ができやすくなりますし、難産のリスクも高くなってしまいます。そのため、ゆっくりと体重を増やしていくことも重要です。

出産後後悔しないために

お腹

妊娠線を作らないためには、妊娠初期からの予防がその後を左右します。マッサージをお風呂上がりなど、1日1回でもするように習慣にしてください。また、同時に急激に太らないことも赤ちゃんやお母さんにとって良い結果をだしてくれます。

More Detail

肌の亀裂の予防と対策

女の人

妊娠線は、お腹や二の腕、胸や太ももなど様々な場所に出来ます。妊娠線が出来やすい体質の人も居るので、肌が乾燥しないようにオイルやクリームなど油分の多いものを一日に数回塗ってしっかり保湿する必要があります。

More Detail

妊婦の方への豆知識

お腹

妊娠線は、主に皮膚の伸縮からお腹にできる線です。保湿や体重制限などの対策をすればできにくくなるので、妊娠線用のボディクリームなどを利用して保湿を行いましょう。妊婦になったらできるだけ早くからケアすることが妊娠線予防につながるということです。

More Detail